「ゴキブリ駆除,福島のゴキブリ博士が駆除しますいうホームページを開設しています。 ゴキブリ駆除の専門家として福島県郡山市で2008年1月1日から開業しています。屋号はルイワンです。ゴキブリ駆除エリアは、郡山市、福島市、白河市、須賀川市、いわき市、二本松市、本宮市、田村市、会津若松市、喜多方市、伊達市など福島県全域です。ゴキブリ駆除のご相談はホームページの「お問い合わせ」、電話024−923−1563でお受けしています。

2012年04月21日

ゴキブリが好む温度

ゴキブリは温かい所に生息していますが、それではゴキブリが最も好む温度とはどうなっているでしょうか。ゴキブリは好む温度帯を求めて誘引されるように集まります。ゴキブリが好む温度帯を知るため、連続した温度勾配を与えて調べた実験結果を紹介します。南国産のチャバネゴキブリと日本に古来から生息していたクロゴキブリやヤマトゴキブリが好む温度帯は違うようです。

ゴキブリの選好温度帯データ.jpg

チャバネゴキブリは南国が原産地なので温かいところを好みます。だから、チャバネゴキブリは25〜33℃と比較的高い温度帯を選んでいます。チャバネゴキブリは、寒い季節になれば冬眠という低温に耐えるための機能を持っていないので、日本の気候では、温かいところに生息して冬を越さないと死滅してしまいます。

杉山ら(1986)も3種類のゴキブリについて同様な実験を行っています。それぞれの雄成虫が好んだ温度帯の平均温度は、チャバネゴキブリで 31.1℃、クロゴキブリで 21.6℃、ヤマトゴキブリで 20.7℃でした。

日本の冬の寒い環境下でも耐えられるクロゴキブリとヤマトゴキブリは、暖かくなければ冬を越せないチャバネゴキブリよりも明らかに低い温度帯を好むようです。

外気が肌寒くなってくれば、厨房内の温度も低くなります。それにともなって、暖かいところを好むチャバネゴキブリは、暖かい場所を求めて熱を蓄えているモーター部や配線周りにかたまって隠れるようになります。

ゴキブリがどんな温度帯を好むかという視点で、まわりを見わたすとゴキブリの潜伏場所が推理できませんか。ゴキブリの行動も少し理解できるような気がしませんか。

チャバネゴキブリは暖かい季節になれば、あちらこちらに分散して驚異的な繁殖力で増殖してゆきます。そこらじゅうがチャバネゴキブリの隠れ家になります。ところが、肌寒い季節には、暖かい場所にだけかたまっているのです。肌寒い季節は、チャバネゴキブリ駆除の絶好のチャンスだと思いませんか?!


ホームページ「ゴキブリ駆除、福島のゴキブリ博士が駆除します」を開設しています。ゴキブリ駆除のご相談は、この開設ホームページにある「お問い合わせ」からご連絡いただけます。電話 024−923−1563でもお受けしています。
ゴキブリ駆除エリアは、郡山市、福島市、白河市、須賀川市、いわき市、二本松市、本宮市、田村市、会津若松市、喜多方市、伊達市など福島県全域です。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
にほんブログ村




posted by 福島のゴキブリ博士 at 14:04| Comment(0) | ゴキブリ駆除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。