「ゴキブリ駆除,福島のゴキブリ博士が駆除しますいうホームページを開設しています。 ゴキブリ駆除の専門家として福島県郡山市で2008年1月1日から開業しています。屋号はルイワンです。ゴキブリ駆除エリアは、郡山市、福島市、白河市、須賀川市、いわき市、二本松市、本宮市、田村市、会津若松市、喜多方市、伊達市など福島県全域です。ゴキブリ駆除のご相談はホームページの「お問い合わせ」、電話024−923−1563でお受けしています。

2012年05月14日

マイクロカプセル剤は、安全性高く、臭くなく、殺虫効果が長期間持続する

マイクロカプセル剤とは、ポリアミド系などの樹脂でできた薄いカプセルに殺虫剤が入っている水性けん濁液です。ふつうに水でうすめて噴霧器で散布します。ゴキブリがよく徘徊する場所や潜伏する場所にマイクロカプセル剤を散布しておいて、その散布面上を徘徊したゴキブリを駆除します。

マイクロカプセル剤がゴキブリに効くのは、2つの理由があります。1つは、ゴキブリがマイクロカプセル剤を脚で踏むことによってカプセルが破れます。破れたカプセルの中にあった殺虫剤が脚に付着し、そこから体内に浸透して毒が効いてきます。まさに、地雷のようです。

マイクロカプセルとゴキブリ.jpg

もう1つの理由は、触角や脚に着いたマイクロカプセル剤を食べてしまうことによるものです。ゴキブリは、常に触角や脚をなめたり、しごいたりして常にきれいにする習性があります。このときに、ゴキブリがマイクロカプセル剤を取り込むことになります。ゴキブリの体内に取り込まれると、消化管でカプセルが破壊されて殺虫剤がゴキブリの体内に放出されて毒が効いてきます。

それでは、人間でも体内に取り込んでしまった場合も毒が効いてくるのでしょうか?
ご安心ください、大丈夫です。人間のような哺乳動物は、消化管の構造がゴキブリのような昆虫と異なり、カプセルは破壊されずにそのまま排出されるため安全なのです。だから、殺虫剤の乳剤と比較すると、マイクロカプセル剤の安全性は圧倒的に高いのです。

マイクロカプセル剤はカプセルに殺虫剤を封じ込めているので、ほとんど臭いません。

マイクロカプセルの殺虫効果.jpg

殺虫剤の乳剤は、散布すると殺虫成分が次第に蒸発してなくなってゆきますが、マイクロカプセル剤はカプセルが破れない限り蒸発しにくいのです。実験では、散布8週間後でも90%を超える殺虫効果がありました。マイクロカプセル剤は長い間、殺虫効果を持ち続けるのです。


ホームページ「ゴキブリ駆除、福島のゴキブリ博士が駆除します」を開設しています。ゴキブリ駆除のご相談は、この開設ホームページにある「お問い合わせ」からご連絡いただけます。電話 024−923−1563でもお受けしています。
ゴキブリ駆除エリアは、郡山市、福島市、白河市、須賀川市、いわき市、二本松市、本宮市、田村市、会津若松市、喜多方市、伊達市など福島県全域です。


ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
にほんブログ村



posted by 福島のゴキブリ博士 at 15:45| Comment(0) | ゴキブリ駆除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。